2014年11月04日

【鵠沼海岸Sハウス】ベランダ鉄骨ステージ検品

外装の吹付塗装工事が完了し、仮設足場の解体時期が近づき、
鉄工場で製作していたベランダ鉄骨ステージの検品に行ってきました。
P1010372web.jpg
ベランダに柱がなく、外壁からの張り出し出寸法が大きいため、
建物本体への構造負担を少なくするように、各部材パーツの軽量化に苦心しました。
海に近く、ベランダの床ステージ部分は、軽量鉄骨を溶融亜鉛メッキ処理、
手摺(テスリ)部分は、ステンレス製とし、塩害対策と将来のメンテナンス軽減を配慮しています。
画像は、床ステージ部と手スリ部を仮組みした状態で、
今後、手摺のステンレスを研磨(ケンマ)仕上し、現場納入・取付です。
P1010373web.jpg
現場監督は、取付時の精度にドキドキのようですが、
詳細図・施工図通りの建物本体・鉄骨製作寸法なので、私は取付をワクワク楽しみにしています。
posted by mimu at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 鵠沼海岸Sハウス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/105247110

この記事へのトラックバック